FC2ブログ

ビジネスの原理原則を大切にすることで、個人でも「理詰めで富裕層」をモットーにしております。

プロフィール

Jun

Author:Jun
ビジネスの原理原則を大切にすることで、個人でも「理詰めで富裕層」をモットーにしております。①マインド②リサーチ③マーケティング④セースル・コピーライティングの流れを守ることで、コンサル業務の月売上1000万円を経験しました。あなたのビジネスのお役に立てれば幸いです。法務博士、行政書士

- コメント

結果を出すための発想

今日は、『結果を出すための発想』について、

言い換えれば、、結果をだすために必ず忘れてはいけない発想について、お話しさせていただきます。


あなたは、日常生活において、自分がこうなりたいと思ったことについて、まずは勉強する習慣が身についてますか?

ほとんどの方は「YES」だと思います。思うだけのままよりも、そのことにつき、調べたり、勉強することはとても大切です。

では、上記質問で、多くの方は勉強する習慣がついているのに、なぜ、人によって結果は大きく違うのでしょうか。


これは、一言でいうと、多くの結果を出している人は、

勉強(インプット)よりも実践(アウトプット)に重きをおいているからです。

インプットメインの勉強では、教養を身につけることができても、ビジネスでは何も産みだしていないのです。

ビジネスは、実践(アウトプット)以外は結果をもたらしてくれません。

ではなぜ、最初に勉強するのかというと、できるだけ短期間で結果を出すためです。言い換えれば、目的地に到達するのにできるだけ遠回りしなくてよいように事前に地図を見ているのと同じことなのです。

そうであるならば、結果(売上や利益)を出すことが目的であるビジネスにおいては、極論を言えば、結果に結びつかない勉強は趣味ということになります。

同じ勉強(インプット)をしても、結果を出すのが早い人は、この辺の「ツボ」をこころ得ている人が多いです。


あなたは、アウトプットを前提にインプットをしていますか?

インプットの方が大変だと思っている方がいますが、それは大きな間違いです。

アウトプットはインプットの何倍も大変です。

アウトプットをしても結果に結びつかないことの方が多いのですから。

しかし、あなたがあなたの目標を達成したいなら、必ずアウトプット中心の生活を送ることが大切です。

あなたの中にある、自分の目標達成に必要な能力を出し切ったところ、そこにのみ、あなたの満足する結果という「宝」があるということを心にとどめていただければ幸いです。

最後にもう一度、確認です。

ビジネスで結果を出すための発想は、「地図で行先を軽く確認したら、まず出かけること。もし道に迷ったら、地図で確認するぐらいの気持ちでちょうどよい。」