FC2ブログ

ビジネスの原理原則を大切にすることで、個人でも「理詰めで富裕層」をモットーにしております。

プロフィール

Jun

Author:Jun
ビジネスの原理原則を大切にすることで、個人でも「理詰めで富裕層」をモットーにしております。①マインド②リサーチ③マーケティング④セースル・コピーライティングの流れを守ることで、コンサル業務の月売上1000万円を経験しました。あなたのビジネスのお役に立てれば幸いです。法務博士、行政書士

- コメント

年収5億円を稼ぐコピーライティングとは?

あなたは想像できるでしょうか。


年収5億円。しかも純利益での5億円。


正直、私の周りには、今も昔もこれほどまでに社会的な評価を受けている方はいません。

その男は、ネットビジネス業界参入後、わずか1年で5億円規模の収入を手にし、しかも、現在も同規模の収入を維持されております。


では、毎朝、通勤電車にもみくちゃにされ、行きたくもない会社に労働を提供した対価として、決して満足いかない給料を「もらっている」人たちと、自分の好きな時間に好きなようにやり、年に5億円の純利益を「稼ぎ出す」この男の違いはどこにあるのでしょうか。


まずひとつ言えることは、親が資産家で、相続した不動産や株で多額の配当収入が毎年転がりこんでくるという外的要因がこの収入を作っているわけではありません。

また、そうかといって、多くの社員を雇用し、いわゆる「ピンハネ」をすることにより収入を作っているわけでもありません。

基本的にその男の「腕」ひとつで、多くの起業家が名前を売ることに必至になっているのを横目に、名前を出さずにひっそりと年収5億円を稼いでいるのです。

私は、教えを受ける以前にこの話を聞いたとき、まるで頭上に激しい雷が落ちたような感覚になりました。


しかも、もっと驚いたのは、労働時間の短さ。

その男がいうには、1日8時間を超えた作業をしたことはない、とか。

ネットビジネスは一度仕組みを作ればほったらかし(結果が出ているなら逆にいじってはいけない)で継続収入を得ることができるビジネスであり、リアルのビジネスと比較し、どれだけ費用対効果が高いものであるかは、経験上知っているつもりでした。

しかし、その男の作業時間が最大1日8時間であるのに対し、その効果は、単年度でたまたま運よく5億円稼いだものではなく、計画的に数年にわたって5億円を稼いでおり、その費用対効果の高さは、まさに異常、いや異常の数倍といえるものでした。


では、なぜそれほどまでの短時間労働にもかかわらず、上場企業のサラリーマンの生涯年収をたった1年で超えてしまうほど稼ぐことができるのか、についてお話します。


まず、単刀直入に言いますと、その男はそうしようと思ったということです。


これは何もあなたをはぐらかそうとしているわけではなく、1日8時間以内の作業で年5億円を稼ぐと本気で思ったのです。

思ったうえで、どうすれば稼げるかと本気で勉強し、本気で考えたのです。

そのうえで、その男が最も大切だと繰り返し話していたのは次の1点でした。

文章を極めること。

世間一般では、コピーライティングといわれております。

今のネットビジネス業界で文章だけでセールスできるレベルのコピーを書ける方はごくごくわずかです。

その証拠に、有名アフィリエイターの方も含めてほとんどの人は、今はツイッターやフェイスブックだ、いや動画で顔を出して名前を売るのが一番らしいぞと、その時々の流行に大きく左右されるテクニックを駆使して、何とかセールスしているのが現状です。

確かに、こういったテクニックも集客という面では効果的だと思いますが、でも、よくよく考えてみれば分かりますが、ネットで最終的にユーザーの行動を左右するのは文章です。

あなたがネットサーフィンしながら笑ったり、悲しい気持ちになったり、ちょっとムカついたり、そして商品を購入しようと思うのは、言葉、そして文章によるものなのです。

したがって、いくらテクニックを駆使して多くのお客さんを集めたとしても、その文章をないがしろにして物がたくさん売れ続けるということは基本的にありえないことなのです。

その男は、その点にいちはやく気づきました。

そして、その後は、人がネットで物を買うためにはどんな言葉が最も読み手の心に響くか、という研究のため、

心理学はもちろん、果ては哲学にまで研究対象を広げ、「人」というものに対し、今でも日夜思考を巡らせております。

このような不断の努力が、上記の圧倒的な結果を支えているのです(本人は努力と思っていませんが)。

この業界には、相も変わらず「片手間ですぐに~円稼げる」的なコピーがはびこっておりますが、その男が書くコピーとこれらのコピーとは、その質において、スケートに例えるなら初心者とメダリストぐらいの差があるのです。


実は、その男から直にコピーの教えを受けられた方に宇崎さんという方がいらっしゃいます。

もともと宇崎さんもアフィリエイトをされておりましたが、その収入は、せいぜい月に数十万円程度だったそうです。

しかし、その男の教えを受けてから、金額的には数倍どころか、桁(ケタ)がそのまま1つ増えてしまったほどのようです。

もちろん、その教えは特別なアフィリエイトのノウハウとかではなく、あくまでコピーライティングの技術。

ネットビジネスは、多くの人の「夢」実現の場所だと常々思っておりましたが、その男と宇崎さんとの出会いにより、コピーライティングを極めることこそが、その夢をつかむ、確実かつ最短距離だと心から確信しました。


以前、私がその男から教えを受ける前、私も何とかして、その圧倒的なコピーライティング技術を盗みたいと真剣に考え、最初はその男が記述したセールスレター(教材を販売する手紙のようなもの)の写経(丸写しのこと)をやろうと試みました。

確かに、写経でも文章のリズムは学べるのですが、1つ1つの記事の根底にある意図が分かりません。

この根底にある意図が分からなければ、当然、自分の文章に応用できません。

「圧倒的な結果を出せるコピー技術を、どうしたら効率的に学べるか。」

そんなことを考える毎日の中で、幸運にも、宇崎さんが長い年月をかけてその男から直に学んだコピーライティング技術を教材として体系的にまとめられていることが分かりました。

このことを知ったときは、身体の芯に電撃が走り、ずっと心の奥底でモヤモヤしていたものが一気に体から放出されたような気分になったことを、今でも鮮明に覚えております。


さっそくその教えの教材を購入し、その内容をむさぼり読みました。

1回目はざっと内容を把握し、
2回目はペンとマーカーを片手にウンウン唸りながらその教えと対話するつもりで。

もちろん、それまでも、コピーライティング技術の向上のため、関連する教材のほか、人の心理なるものを自分なりに勉強しておりました。

しかし、このコピーライティング技術は、「人の心を動かす技術」をネット上のコピーライティングに応用し、実績が出ているものを法則化し集約したという、まさにコピーライティング技術のバイブルのようなものでした。

私は普段、不動産コンサルティングをしているのですが、さっそく、この教材の内容をもとにしたセースルトーク案で交渉に臨んだところ、たった20分程度の交渉で120万円の報酬なんてこともありました(その後、ネットでの十分すぎる活用は言うまでもありませんが)。


あなたがもし本気でいまの家族を守りたい、そのための努力は惜しまないとお思いなら、私は迷わず、コピーライティングのマスターをおすすめします。

また、あなたがもし本気で、満足というレベルをはるかに超越したマネタイズ能力(何かをお金に変える能力)を高めたいとお思いなら、資格やMBA取得ではなく、私は迷わず、コピーライティングのマスターをおすすめします。

(私自身、国家資格や法務博士という学位を持っていますが、コピーライティングスキルと比較すれば、はるかに費用対効果の悪い価値の低いものです)。


私は、仕事がら、多くの社長さんともお会いします。

みなさん、いたってパワフル。

月曜日から金曜日まで仕事と夜の接待のうえ、土日も取引先とゴルフという社長さんもいました。

それだけ仕事に精をだせば、会社は何とか維持できるのかもしれませんが、当然、家族との時間はとれません。もちろん、自分自身の時間も。

たとえ高収入だとしても、時間給にしてみれば、学生時代の家庭教師並みという社長さんもザラでした。


私の今までの知識・経験、そして上記のような高収入の部類に入る「社長サン」の生活スタイルをみても、今からゼロで何を学ぶかと聞かれれば迷わずコピーライティングと即答します。

一度身につければ、そのメリットは、上記のとおり、ネットで異常なまでの費用対効果を期待できるだけにとどまりません。

リアルビジネスでは、取引先や営業先での相手への説得用として、また、社内ではプレゼンや職員のモチベーションアップ用として、あらかじめ人の心を動かす文章を準備したうえで臨まれれば、その効果の違いは明らかです(私はこのように活用しています)。

また、奥さん、旦那さんやお子さん、恋人への手紙やメールも今までと全く違ったものになり、双方の関係も今まで以上によくなると思います。

このように、言葉を知り、そして相手の心を動かす文章スキルであるコピーライティングは、人間関係を円滑にすることができるのが本質であり、その一部としてセースルに活用できるのだと思います。


いや、そうは言っても、文章なんて書き慣れてないよ!

というあなたの声が聞こえてきそうですが、教材の内容にある一定の法則に基づいて書けば、中学生レベルの作文能力があれば十分書くことができると断言できます。


なお、宇崎さんは、コピーの重要性を多くの方に伝えたいという信念から、この教材にありえない保証をつけています。

それは、教材を読んでみて、やっぱり自分には価値はないとお思いの場合(まずないと思いますが)、356日の無条件全額返金の保証です(メール1通でOKとか)。

PDF冊子という商品の性質上、仮に返金してもらっても、この教材はあなたの物のようです。これだけの保証がつけれられるのは、内容によほど自信がある証拠だと思います。

上記に加えてさらに、宇崎さんは、ありえない特典をつけられていたので、詳細はセールスレターでぜひご確認くださいね。


また、私からこの教材を購入して頂いたあなたは、その時点から一緒に稼ぐ仲間です。

そこで、そんなあなたには、稼ぎに直結する以下のスペシャル特典をご用意させていただきました。


特典①:年収5億円稼ぐ男による成功の本質と哲学(全編 323ページ)

その男のコピーライティング技術が他者を圧倒的に引き離す実績を有するのは、上記のとおり、心理学と哲学を熟知しているからです。

この特典は、心理学や哲学を応用したコピーライティング技術のその奥にある、その男がなぜ年間5億円も稼ぎ続けることができるのか、という点を理解するためのものです。

全編323ページとボリュームがありますが、他者を圧倒的に引き離すビジネスを展開したいあなたにはぜひ一読をおすすめします。

(私も自分の軸を確認するためステージが上がるたびに読んでおります。その都度、気づきのある私にとってのバイブルです。)


特典②:購入者限定メルマガ配信(希望者のみ)

もしあなたが、全くのビジネス初心者だとしたら、この教材を学んだとしても、それをどこでどのように活用したら良いのか分からないかもしれません。

せっかく力を入れて作成したコピーも、人に読まれなければビジネスという点で意味がありません。

そこで、あなたの資産を産み出すコピーへの「集客」という点につきましても、私の方でメールでの情報配信という形でサポートさせていただきます(追加特典もお楽しみに)。


さらに・・・


特典③:コピーライティングサポート1回無料

普段は有料で対応させていただいているコピーライティングサポートを1回無料でご提供させていただきます。

具体的には、あなたの書いたコピー(ブログなどの記事にとどまらず、社員をやる気にさせる文章などジャンルは問いません)を拝見させていただき、ヒアリングをさせていただいたうえで、読み手の心にささるポイントをご教示させていただきます。

この教材からは理論面、このサポートから実践面と、この両面からの経験はあなたにとって、必ずや財産になるはずです。



では、この年収5億円を稼ぐ男の教えに加えて、私からご提供する上記3つの特典がついたこの教材を、あなたなら一体いくらなら購入しようと思いますか。


10万円ですか。

それとも5万円ですか。


コピーの大切さを広めたいという宇崎さんの思いから、今までのネットビジネス業界ではありえない3,980円で教材及び特典の入手が可能です。


最少の努力で最大の成果をおさめようとお考えなら、まずは下記URLからレターを読んでみてください。

もし、あなたの心が動かされたのなら、その男が本物のセールスコピーライターだとわかると思いますので。

年収5億円を稼ぐコピーライティングはこちら

なお、ご購入の際は、購入者特典があることをご確認ください。


<追伸>

コロナ禍による緊急事態宣言が続くなかで、日本社会のシステムも大きく変わろうとしています。

今まで必要だと思っていたもの(外食やレジャー)が強制的に利用できなくなることにより、利用しなくても生活できる、ということに日本人全体が気づき始めています。

外食産業やホテルや遊園地などのレジャー産業は生き残りをかけて必死に耐えているなか、巣ごもり消費へのサービス提供者であるEC業界は目覚ましい成長をしています。

あなたはこの事実を聞いて、怖くないですか。

正直、私は、とても怖いです。

今、自分がどの業界にいるかなんて、正直、運だと思いますが、所属する業界の違いにより、収入に天と地の差があるということです(これを書いている、いまもさらに怖くなりました)。

家族、そして子どもがいれば、その子の人生を左右する事態にまでなっているということです。

ですから、私は、頭や体が動くうちに、経済に左右されず自分の力だけで稼ぐことができる力をつけておきたいと、本気で思っています(そして、そのノウハウを子どもたちに「相続」する)。


お金がすべてじゃない。

これは、お金に不自由しない人、言い換えれば、お金の出入りをコントロールできる人が言って初めて説得力を持つ言葉だと、私は思います。


コピーライティングは、あなたの「夢」をつかむ最初のステップであり、また、最後の要(かなめ)でもあります。

今まで支えてくれた家族のため、そして何より自分のため、孤独を恐れずに、一緒に楽しみながら頑張りましょう。
                     
年収5億円を稼ぐコピーライティングはこちら

ご購入の際は、購入者特典があることをご確認ください。