FC2ブログ

ビジネスの原理原則を大切にすることで、個人でも「理詰めで富裕層」をモットーにしております。

プロフィール

Jun

Author:Jun
ビジネスの原理原則を大切にすることで、個人でも「理詰めで富裕層」をモットーにしております。①マインド②リサーチ③マーケティング④セースル・コピーライティングの流れを守ることで、コンサル業務の月売上1000万円を経験しました。あなたのビジネスのお役に立てれば幸いです。法務博士、行政書士

- コメント

コミットメントと一貫性の原理

今日は、承諾誘導のルールのうち、コミットメントと一貫性の原理についてをご紹介いたします。

コミットメントには、約束、誓約などの意味がありますが、ここではわかりやすく、「決定」ぐらいにとらえてください。

人はひとたび決定を下したり、ある立場をとると、その決定と一貫した行動をとるという性質がありますが、この性質のことをコミットメントと一貫性といいます。

わかりやすい例をあげれば、あなたは、次のどちらの人間を信用しますか。

・日頃からボランティアの重要性を説くとともに、時間を見つけては、自分もボランティアに参加する人

・日頃からボランティアの重要性を説くものの、ボランティアに関する行動(募金も含めて)を一切しない人

この場合、間違いなく、最初の人を信用すると思います。私たちは、社会生活において、一貫した行動をとる人を信用できると思う傾向があります。

また、あなたは、たとえ少し嘘でも自分の立場を表明したときはその立場に矛盾しない行動をとろうとしませんか。

たとえば、友人からある本(小説やマンガなど)に興味があるかと聞かれて、本当はあまり興味がないのに、つい興味があると答えたところ、後日、友人が「ご丁寧に」持ってきた本を読むはめになるなど。

このように、個人的にも、自分は一貫した行動をとる人間だとみてもらいたいという欲求から、自分の決定、立場に沿うような行動をとろうとするのです。


このコミットメントと一貫性の怖さは、決定者の利益に反する決定でさえも、決定者は、その決定にもとづく一貫した行動をとろうとすることです。

このコミットメントと一貫性という性質はそれだけ強力な結びつきがあるのです。


では、このコミットメントと一貫性の原理は、ネットビジネスにおいてどのような場面でみられるでしょうか。

まず、ネットビジネスで稼ごうと思っている人が経験することは、ネット上でネットビジネスに関する情報収集をします。そこでビジネスとして興味が沸いた人は、情報商材を購入して勉強します。

この場合、情報収集のための時間やお金を費やしたというあなたの決定により、稼がないと今まで費やしたお金や時間が無駄になるという理由でとりあえず実践する(一貫性)、ということがあげられます。

ここまでは理解できると思いますが、信じられないのは、明らかに詐欺(失礼!)商材もしくは塾と思われるものであり、本人も効果がないと薄々気づきながらも、一貫してその商材もしくは塾に頼るということがあります。

このことはどういうことか言いますと、人間はよくわからないことに対し、いちいち深く考えるより、自分の決定にもとづく一貫した行動をとることの方が心地よいのです。

すなわち、ネットで稼ぐための本質を考える面倒より、「とりあえず、この商材もしくは塾でやってみよう、お金も払ったことだし。」という気持ちで、モヤっとした不安から逃避する心理が働いているのです。

このことが、まさに、決定後の一貫した行動が、決定に対する「自動反応」とまでいわれるゆえんです。


では、このコミットメントと一貫性の原理を働かせるための要件は何だと思いますか。それは、

相手にいかに決定させるかです。決定させれば、一貫性により相手は勝手に行動してくれるのです。

ただし、相手に決定させるのは、実は、そんなに簡単ではありません。

ただ、相手が決定しやすくする方法はあります。それは、

まず、断る理由のないぐらい簡単なものから、相手に決定させるのです。

たとえば、電話で2~3分お話させてくださいとか、相手が興味ある情報提供をする代わりに会員(メルマガやLINE)登録してもらうとか、有料商材を無料で提供し、モニターになってもらうなど。

そこから、徐々に自分の本当の要求(バックエンド商品の販売など)を出していくのです。


なお、コミットメントと一貫性の原理をビジネスで応用する場合に一番大切なことは、「自らの最初の判断(ビジネス方針や購買行動)に拘束されない柔軟な思考を持つ」ということだと思いますので、参考にしてみてください。